« 梅雨明けを目指せ! | トップページ | 再昇級を目指して »

2013年6月 9日 (日曜日)

独逸文具蒐集日記は、徐々に再開する事なく、2013年の為替高騰で、誇り高きドイツ連載として名誉の打ち切りを遂げる

■日記の目次:http://september.moe-nifty.com/kikyo/2013/01/post-2cd2.html

 4月初期以降、さりげなく連載の更新が止まっている「独逸文具蒐集日記」ですが……。
 実は、次回の日記ネタとなる万年筆を個人輸入で購入しようと思いつつ、高くて手が出ないためになかなか買えずにいる状態が続いています。

 狙っているのが、
・ファーバーカステル 伯爵コレクション パーフェクトペンシル
・ペリカン スーベレーンM800 ブルー・オー・ブルー(万年筆)
・モンブラン マイスターシュテュック146(万年筆)

 のいずれかです。どれもかなりの高値なのですが、ヨーロッパから直輸入すれば、為替差益で比較的安く買える……筈でした。
 また、この中の「ブルー・オー・ブルー」は3年前に販売された限定タイプで、国内を探しても見つからないのですが、海外の通販サイトで取り扱っているところがあるので、海外通販チャレンジとして、一度取り寄せてみようかと思っていました。

 http://www.pelikan.com/pulse/Pulsar/ja_JP.FWI.displayShop.96433./souveraen-blue-o-blue

 が、眺めている内に、どんどん進む円安!
 去年の秋頃は1ユーロ100円を切っていたというのに、あっという間に130円近辺まで円安が進んでしまいました。上記の「ブルー・オー・ブルー」は現在350ユーロ付近で売られているので、販売価格は35000円だったのが45000円に値上がりした事になります。希望小売価格が57000円程度だったことを考えるとそれでも安いのですが、当時国内通販で売っていた価格と比べると妙味が無い感じです。

 そんなわけで、何とか一時的にだけ円高に戻らないかな…と思いつつ、通販サイトを眺める日々が続いています。

 この日記を書いている時点ではアベノミクスの反動?で5月初期よりは円高が進んできていますが、このまま更に円高になるかと言えば微妙な感じもします。
 また、個人的にもこれは一時的なもので、今後再び円安に進むと予想していますし、日本の景気や経済のためにもその方が望ましいと考えています。

 ……となれば、「速やかに(今すぐ)購入する」のが最も望ましいのが明らかなのですが、金額の大きさを見るとどうしても二の足を踏んでしまっている状態です。さて、どうしたものか……。

 とりあえず、もうすぐボーナス時期なので、そのときの為替を眺めつつ判断したいと思っています。
 無事に購入できたら、海外個人通販の顛末あたりを日記にする予定ですので、連載の再開はもう暫くお待ち下さい(笑)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ

|

« 梅雨明けを目指せ! | トップページ | 再昇級を目指して »

文房具、万年筆など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/57557799

この記事へのトラックバック一覧です: 独逸文具蒐集日記は、徐々に再開する事なく、2013年の為替高騰で、誇り高きドイツ連載として名誉の打ち切りを遂げる:

« 梅雨明けを目指せ! | トップページ | 再昇級を目指して »