« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月29日 (日曜日)

平成25年度 シルク募集馬検討-1

 平成25年のシルク募集馬検討の時期がやってきました。
 今年は更に本格的に「社台化」が進み、募集馬の血統も以前では考えられない良血馬揃いとなっています。

 検討の結果、今年の募集馬でいいな、と思ったのは、以下の面々です。

■別格で良いが高すぎるので除外

 12-101 ネオユニヴァース×アコースティクス 6000万円 東牡 萩原清厩舎

 ロジユニヴァースの全弟となります。兄の虚弱っぷりが印象的ですが、他にも全兄妹が2頭おり、いずれも数を使えていますし、勝ち上がっています。
 うちの検討基準である、「種牡馬成績」「母の繁殖成績」「近親の血統」「調教師の成績」等、全てについて非の打ち所がありません。

 是非とも欲しいところなのです……が、この馬は100口募集馬でして、一口出資でも60万円かかります。そこまでポンとお金を出せる環境ではないので、泣く泣く見送りたいと思います。

■良いと思った馬

 基本的には関東/関西で牡馬牝馬各1頭で4頭を出資予定です。各部門で、評価が一番高いのは次の馬たちです。

(関東牡馬)
 12-06 ゼンノロブロイ×キッスパシオン 3500万円 東牡 久保貴厩舎

(関東牝馬)
 12-03 キングカメハメハ×ウインドインハーヘア 2800万円 東牝 木村哲厩舎

(関西牡馬)
 12-29 ネオユニヴァース×マチカネタマカズラ 3000万円 西牡 池江泰厩舎
 12-35 ゼンノロブロイ×シェアザストーリー 3500万円 西牡 石坂正厩舎

(関西牝馬)
 12-37 ゼンノロブロイ×メジロドーベル 2500万円 西牝 矢作芳厩舎


 ……一目見て判るのが、やたら良血馬が多いという事です。
 ウインドインハーヘアやメジロドーベルは言うに及ばず、母キッスパシオンは上に重賞勝ち馬2頭、母シェアザストーリーも姉にレッドクラウディアがいます。
 そして、その割に安いです。牝馬とはいえ、ディープインパクトの下やメジロドーベルの子供が2000万円台というのは破格の安さだと思います。
 何かしらのリスクの存在を感じさせられますが、残念ながら私には馬体を見る能力が全くないので、判断が難しいところです。母ウインドインハーヘアはこの時期にしては馬体が小さいかな、位まではわかりますが……。

 また、このまま行くとゼンノロブロイ祭りになってしまいます。ここに出てくる5頭のうち3頭がロブロイ産駒ですが、できれば出資馬の種牡馬は分散させたいと思っているので、判断が難しいところです。


■現時点での予定

 今年から実績制に変わった事もありますし、過去のシルクとは異なり、社台化によって応募がかなり殺到する事が予想されます。上記に挙げた馬たちは血統的に有名どころでもあるので、そもそも応募しても全馬に出資できるとは思えない…というか、何頭かは落ちると見ています。
 そんなわけで、優先募集期間については、上記5頭で応募して、後は結果次第で「落ちた」枠については順次次点以降の馬を様子見しつつ追加していく形で動きたいと思っています。


 優先応募の結果が出た時点で、また次回の検討日記を書きたいと思います。

 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金曜日)

ハッピーエンドを目指して

 シルク募集馬を検討中です。
 今のところ、個人的にいいかな、と思っている馬は、
3.ウインドインハーヘア
6.キッスパシオン
29.マチカネタマカズラ
35.シェアザストーリー
37.メジロドーベル
101.アコースティクス

 あたりですが、種牡馬が偏っていますし、血統的に有名どころな割に安いために逆に怪しい(地雷っぽい)のでより慎重に検討したいと考えています。
 最終的な1次応募馬は、また次回の日記で書きたいと思います。


>今週の出走馬[H25-61]
 先週はライズトゥフェイムとキングスクルーザーが両方勝利という、これ以上ない結果でした。
 特に、スーパー未勝利という最後のチャンスでキングスクルーザーが勝ってくれたのは本当に嬉しい結果でした。今週の出走もスーパー未勝利となりますが、何とかプリンセスフローラにも無事に勝ち上がって貰いたいと思います。

■土曜阪神4R 3歳未勝利(D1800)プリンセスフローラ号出走 11:25
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201309040804

 プリンセスフローラ号が土曜のスーパー未勝利に出走します。
 ここまで5戦、着実に力をつけてきました。爪の不安でレース回避など不安もありましたが、何とか無事に最後のチャンスに間に合った格好です。
 今回ですが、初めてのダート戦となるので、ダート適性が最大の焦点となります。血統的には芝属性が強そうですが、何とかダート適性を見せてもらいたいところです。
 対戦相手は結構軽めで、先週のキングスクルーザーが出走したレースよりは格段に軽いですし、最近のしぶとく伸びるレース内容からも、何とか最後のチャンスでの勝ち上がりに期待したいと思います。

>その他、今週の出資馬あらすじ
・キングリーが帰厩予定。
・チャペルプリンセスが帰厩。
・キングスクルーザーが放牧。
・リリカルホイッスルが入厩。

 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水曜日)

平成に入って、もう25年。時代は移り変わる

 「艦これ」の付録目当てで、ものすごく久しぶりに「コンプティーク」を購入したのですが……

 コンピュータ雑誌だった筈なのに、いつの間にかコミック誌になっていたり、見開きが逆(右開き)になっていたり、ドラマCDがついていたり、そして何よりも「福袋」がなくなっていたり(笑)とあまりの違いにびっくりしてしまいました。
 もう全く別物ではないですか。目を離していた間に一対何が……。

 しかし、当時購入していた時に読んでいた記事が「提督の決断」(1作目:PC98)だった事を思えば、時代が変わってもやっている事は変わっていないとも言えるのかもしれません(笑)


 ちなみに「艦これ」ですが、私は同じ名前という事もあり、長月(駆逐艦)が一押しです。
 皆さんの艦隊の一員にも加えていただければ嬉しいです。 駆逐艦と侮らないで下さい。きっと役に立つはずです。

 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金曜日)

スーパー未勝利と新規募集

 今週~来週と、キングスクルーザーとプリンセスフローラが「スーパー未勝利」への出走を予定しています。何とか最後のチャンスで勝ち上がって貰いたいところです。

 そして、シルクの新規募集馬カタログも到着しました。詳細な検討はこの週末でじっくりしたいと思いますが、今年からは実績制が導入されたので、狙った馬に出資するためにも、申し込みの人気がどの馬に集中するのかはじっくりと見極めたいと思います。


>今週の出走馬[H25:59-60]
 この二週間出資馬の出走がなかったので、三週間ぶりの出走日記となります。

■土曜中山8R 3上500万下(T2000) ライズトゥフェイム号出走 14:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201306040608

 ライズトゥフェイムが土曜の中山で復帰します。
 2月に勝ち上がって以来のレースとなります。未勝利勝ちの内容は上々でしたが、爪の不安で復帰がここまで伸びてしまいました。今回は復帰初戦となるので、まずはいいレースを見せて貰いたいと思います。
 相手関係はこのクラスとしては程々なので、上位進出の目もあると思いますが、何と言っても2月以来、しかも昇級戦で古馬とも初対戦なので、まずは今回はどこまで力を出せるかが鍵になると考えられます。


■日曜阪神3R 3歳未勝利(D1800) キングスクルーザー号出走 10:55
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201309040703

 キングスクルーザーがスーパー未勝利に出走します。
 前走では積極的なレース運びで掲示板を確保。スーパー未勝利に望みを繋ぎました。
 今回は勝つしかないわけですが……かなりメンバーが揃っています。「スーパー未勝利」は前走掲示板組と(前走着順が悪いものの)出走数が少ない組に分かれるわけですが、今回は前走掲示板組が11頭もいます。厳しいメンバーだなぁ……。
 ここで勝ちきるのはかなり大変だと思いますが、勝つしかないので何とか頑張って貰いたいと思います。

>その他、今週の出資馬あらすじ
・メビウスが19日門別の「ステイヤーズC」に登録も跛行で回避。残念…。
・リリカルホイッスルが来週入厩予定。


 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »