« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月19日 (日曜日)

日曜日の出走馬[H26.10.18]

>今週の出走馬[H26:74-75]
■日曜福島4R 障害未勝利(H2750) アウレオーラ号出走 11:15
■日曜東京8R 3上500万下(T1600) チャペルプリンセス号出走 13:45

 今週は日曜に2鞍です。
 アウレオーラは前走が障害デビュー戦でしたが、飛越は良かったものの途中で馬群に包まれてやる気を無くした感がありました。今回はブリンカー着用で前々で競馬をするようなので、作戦通りに行けるか、そして距離が持つのかが鍵となりそうです。相手関係的には十分にチャンスがあると思うので期待したいです。
 チャペルプリンセスは2戦続けて3着と安定した競馬が続いています。今回も引き続きチャンスではあるのですが、今回はやや使い詰めなことと、相手関係が揃っている事がどうかでしょうか。チャンスは十分にあると思うので期待したいですね。

 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日曜日)

今週の出走日記[H26.10.12]

 シルクバーニッシュが前走出走後に屈腱炎を発症し、残念ながら引退となってしまいました。
 これで、シルク冠持ちの出資馬が更に1頭引退。今年はアーネストやラングレー等も引退して続々と減っており、出資馬ではついにシルク冠持ちはキングリーを残すのみとなってしまいました。何とか一日でも長く現役を続けて貰いたいところです。

>今週の出走馬[H26-73]
■日曜京都6R 3上500万下(D1800) クラウディオス号出走 12:45
 クラウディオスが7月以来の出走を迎えます。前走では崩れたものの、ダート転向後は安定した成績をおさめており、今回も引き続き期待が掛かります。
 メンバーも比較的手頃で「本来の力を出せれば」十分にチャンスがあると考えられます。休み明けですし、前走は大敗しているので今回どこまで調子が戻っているかが鍵となりそうです。正直、坂が無いコースの方が向いていると思うので、今回は調子次第では十分にチャンスがあるのではないでしょうか。

>その他、今週の出資馬あらすじ
・バーニッシュが引退。
・リファインドが引退(繁殖入り)。
・レーヌドブリエが放牧。

>シルク募集馬への応募について
 現時点で3頭に出資確定していますので、あと1頭程度、牡馬への追加出資を予定しています。
 今のところは、13-38ベルベットローブか13-44マチカネタマカズラを予定していますが、前者は早々に満口になりそうですし、後者は同じく出資している兄ファヴォリートの活躍を見極めたいところなので、なかなか判断が難しいですね。
 関東馬では13-01コケレールと13-09カリが候補ですが、コケレールは早期満口予想+父ディープで高い+母の馬名が「ゴキブリ」(フランス語)ですし(笑)、母カリは何だか脚元が気になる形なので様子を見たいです。

 とりあえず一般募集開始直後は静観して、残り具合で判断したいところです。


 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水曜日)

シルク募集馬(第1次募集)への応募結果

 応募した6頭は全て抽選対象となったのですが、下記の通り、3勝3敗でした。

■当選した馬
13-48 ワイルドラッシュ×ディフィカルト   4000 西牡 村山明厩舎
13-33 ハービンジャー×ユキチャン      2400 西牝 吉田直厩舎
13-39 ネオユニヴァース×ペンカナプリンセス 1800 西牝 安田隆厩舎

■落選した馬
13-07 ダイワメジャー×ブラックエンブレム  5000 東牡 小島茂厩舎
13-40 ステイゴールド×ディアジーナ     4500 西牡 須貝尚厩舎
13-34 ダイワメジャー×シルクプリマドンナ  4500 西牡 矢作芳厩舎


 ちなみに私の銭闘力(出資実績)は「6桁台後半」でした。
 ここ数年、各世代で4~6頭に出資しており、そこそこ高い方かな…と思っていたのですが、どうも今年は社台本家から?資金力の高い人が流入しているのか、最大の人気馬の競争倍率は12倍。各所の掲示板等を見ていると、母ディアジーナやブラックエンブレム等は、実績が数百万円でも落選している方がいる様で、恐ろしい勢いでインフレ化が進んでいる様です。
 この傾向は暫く続くでしょうし、今後は私たちのレベルでは人気馬には実質出資できない状況になるかもしれませんね。

 とはいえ、こうした状況下でも半分当選したので、上出来なのかもしれません。
 とりあえずは当初予定よりも出資馬が減ってしまったので、追加で応募する馬をじっくり考えていきたいと思います。

 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土曜日)

今週の出走馬[H26.10.4]

>今週の出走馬[H26:69-72]
■土曜新潟6R 3歳未勝利(D1200) リファインド号出走 13:00
■土曜新潟10R 古町特別(T1800) シルクキングリー号出走 15:10
■日曜新潟5R 2歳新馬(T1600) レーヌドブリエ号出走 12:25
■日曜新潟10R 飛翼特別(直1000) シルクバーニッシュ号出走 15:00

 今週デビューの2頭ですが、リファインドは仕方ないにしても、どうやらレーヌドブリエの方も、関係者コメントがかなり弱気で、いきなりではなく使いつつといった感じの様です。とりあえず無事に回ってきて貰って、次回以降順調に上積みがあればいいかなと思います。
 土曜出走のキングリーは謎の脚部不安から戻ってきての初戦となります。いきなりはどうかとは思いますが、このコースで好走歴もありますし、相手関係的にも上位進出の目はあると思うので期待したいですね。
 日曜のバーニッシュが出走する直千は、本馬の性質的にすごく合う可能性があるので、期待の一戦です。気性面で問題はあるものの、スピードだけであればかなり高いものを持っていますし、ここから新境地を見せて貰いたいですね。新潟への輸送がどうなるかが気がかりではありますが、何とか無事にクリアして貰いたいです。


>シルク募集馬への応募について
 前回の検討から1頭(13-34:母シルクプリマドンナ)追加して、計6頭で1次募集への応募を行いました。

13-07 ダイワメジャー×ブラックエンブレム  5000 東牡 小島茂厩舎
13-40 ステイゴールド×ディアジーナ     4500 西牡 須貝尚厩舎
13-48 ワイルドラッシュ×ディフィカルト   4000 西牡 村山明厩舎
13-33 ハービンジャー×ユキチャン      2400 西牝 吉田直厩舎
13-34 ダイワメジャー×シルクプリマドンナ  4500 西牡 矢作芳厩舎
13-39 ネオユニヴァース×ペンカナプリンセス 1800 西牝 安田隆厩舎

(各馬の簡単な説明)
13-07 母が秋華賞馬。兄ブライトエンブレム
13-34 母がオークス馬。兄フラムドグロワール。
13-40 ステマ配合。母は重賞勝ち馬で、マックイーン産駒として現役最高成績
13-48 テスタマッタの弟
13-33 母ユキチャン。本馬も白馬
13-39 母は英重賞勝ち馬。兄にダノンジェラート、ワールドインパクト

 上記のうち、母ディフィカルトを除く5頭が既に抽選が確定。母ディフィカルトも中間発表時に300口応募と、結果的には人気馬ばかりに応募した形になっています。
 人気馬の抽選方法は、過去の出資実績(銭闘力)で400口、100口が純粋な抽選といった形になっているため、実際に出資できるかは銭闘力と幾ばくかの運が掛かってくる事になります。
 節目となる「一口馬主百勝」を目指して、この世代はいつになく奮発したのですが、それでも私の銭闘力は6桁に留まっています。果たして実際の戦いの場では、どこまでインフレ化が進んでいるのかが気になるところです。
 今後の日程的には、来週までには結果が出ている可能性があります。果たしてどうなるでしょうか。

 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木曜日)

期待の良血2歳馬がデビュー!(3歳馬もデビュー…)

 今週はいよいよ凱旋門賞がありますが、うちの方も2頭がデビュー、合わせて4頭が出走と楽しみなイベント勢揃いの週末となります。
 まず今回は、今週デビューの2頭を紹介したいと思います。

>デビュー馬紹介:ブレーヴストーリー

【レーヌドブリエ】(12-37)(Reine de Briller:輝ける女王(仏))
 父:ゼンノロブロイ
 母:メジロドーベル(母父:メジロライアン)
 平成24年3月25日生まれ 牝 栗東:矢作芳人厩舎
 募集価格 2500万円

 http://db.netkeiba.com/horse/2012103942/

 GIを5勝したメジロドーベルを母に持つ超良血馬がいよいよデビューです。
 母のメジロドーベルは、正直これまで繁殖牝馬としては期待ほどの成績が出ていませんが、孫から重賞を勝ったショウナンラグーンが出るなど、血統的な素質自体は十分にあると考えられます。体質が相変わらす弱いのか、本馬は母にとってメジロダイボサツ(2008生まれ)以降4年振りの産駒となっています。
 本馬については、メジロ牧場が解散した経過のためか?当歳時から社台の育成に変わっています。母馬の形容先や育成が社台に移った事で良血馬の成績が向上したパターンとしては母ビワハイジの実例もあるので、期待したいところです。
 血統的な経過から体質面が心配でしたが、これまでのところ特に問題もなく順調ですし、調教時計からも初戦から結構期待できると思います。頑張って貰いたいですね。


>デビュー馬紹介:リファインド

【リファインド】(11-28)(Refined:上品な(英))
 父:*オペラハウス
 母:セクシーココナッツ(母父:ダンスインザダーク)
 平成23年4月17日生まれ 牝 美浦:畠山吉宏厩舎
 募集価格 1300万円

 http://db.netkeiba.com/horse/2011102625/


 同じデビュー馬ですが、こちらは2歳馬ではなく「3歳馬」です。スーパー未勝利の最終週となる今回、ようやくデビューとなります。
 母のセクシーココナッツからは2歳時から活躍している参加が多く輩出されており、2歳重賞を勝ったザラストロを初めとして、2~3歳時のクラシックから息の長い活躍を続けているプレノタートなどが兄姉にいる血統です。
 その他の兄姉もここまで全て勝ち上がって複数回勝利している事から、「2歳から確実に出走」「勝ち上がれる可能性が高い」「父がオペラハウスに変わって(距離適性短めの兄姉たちよりも)レースの融通性が上がる」といった高い期待の元で出資しました。


 ……が、実際には体調が弱く、2歳デビューどころか3歳の最終週でのデビューとなってしまいました。それも、ようやく間に合わせたと言った感じで、調教時計などから正直いきなりは厳しいと考えられます。
 状況は厳しいですが、せめて何とか地方からの復帰、もしくは繁殖入りが期待できるレース内容を見せて貰いたいところです。

 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »