« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月27日 (土曜日)

楽しみな日曜三連戦

 今週は日曜に3戦。いずれも一定以上のチャンスがあって楽しみですが、特にブロードアリュールの復帰戦は楽しみです。ここでも通用してくれれば、更に大きな舞台を目指せるだけに、好走を期待したいです。

>今週の出走馬[H30:4-6]

■日曜京都4R 4上500万下(D1900) セカンドエフォート号出走 11:30
 セカンドエフォートが復帰2走目を迎えます。手術からの休養明けで心配された前走でしたが、そこそこの内容で僅差に来てくれました。調子を上げてくる筈の今回は前進が期待されます。
 今回は初の1900となりますが、1700までは結果が出ていますし、今回少頭数のこの面々であれば上位進出の目はあると思います。できればここでは掲示板以上には来て貰いたいところです。


■日曜東京8R 4上1000万下(D1400) ブロードアリュール号出走 14:05
 ブロードアリュールが11月以来のレースを迎えます。
 なかなか数を使えませんが、母譲りの末脚は確かで、2連勝でここに向かって来ました。今回も得意な1400ダートですし、ここでも即通用するだけの力はあると思います。大外となり馬群に包まれる心配もないですし、調子さえ問題無ければかなり期待度が高いのではないでしょうか。
 今回は東京の1週目ですし、順調にいけば東京開催でD1400をもう一走使う事ができます。ここまでほぼ半年に一走ペースなので、今回も勿論ですが、できればレース後の状態に問題無く、着実に走ってくれる事を期待したいです。


■日曜京都10R 飛鳥S(T1800) レーヌドブリエ号出走 15:00
 レーヌドブリエが日曜準メインに出走します。
 放牧明け初戦となる前走は案外な内容でしたが、叩いた今回に巻き返しを期待します。
 対戦相手は揃っていますが、3走前に僅差2着となっていますし、能力的には十分に通用する筈です。鞍上に当時の四位騎手を確保していますし、得意な1800m戦。輸送のない京都と好走条件が揃っていますし、前走から調子が上向いていれば十分に勝機はあると思います。
 今回の結果次第で引退レースの舞台が決まって来そうですし、有終の美に向けて良い内容を期待したいと思います。


>その他、今週の出資馬あらすじ
・クライムメジャーが放牧。


 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土曜日)

春に向けて勝っておきたい一戦

>今週の出走馬[H30-3]

■日曜京都11R 石清水S(T1400) クライムメジャー号出走 15:35
 日曜京都メインにクライムメジャーが出走します。
 前走はファイナルSに出走して2着。直線で抜け出すまでに手間取りながらも、確かな末脚は見せてくれた一戦でした。元々前走で一旦放牧予定でしたが、比較的調子がいい事からもう一戦使って来ました。
 対戦相手のほとんどが前走、前々走で先着した馬たちです。2連勝と勢いのある馬も2頭いるなど侮れませんが、できればここで勝ちきって貰いたいところです。
 鍵となるのは調子落ちがないかということ、そして今回急遽参戦の関係で鞍上が変わる事です。気性面が難しい馬だけに、テン乗りですが何とか上手く力を引き出して貰いたいところです。

 ここで勝てるか次第で、春競馬でより大きなレースに出走する展望が開けてきます。何とかここで勝って貰って、いい形で休養に入って貰いたいですね。

>その他、今週の出資馬あらすじ
・ロングランメーカーは骨片摘出手術を実施。
・レーヌドブリエは次走、飛鳥S。


 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日曜日)

セカンドエフォートの復帰戦

>今週の出走馬[H30-2]

■日曜中京8R 4上500万下(D1400) セカンドエフォート号出走 13:40
 セカンドエフォートが中京で復帰戦を迎えます。
 前走後、喉の手術を行った事から、今回は昨年5月以来久々の出走となります。比較的調教時計も良い様ですが、まずはどこまで初戦から力を発揮できるか。喉の手術効果が出ているのかが鍵になると思います。
 今回は距離が1400になりますが、休養前に距離を伸ばす前は主戦場としていた条件なので問題ないと思います。できれば今回良い内容で走って貰って、再びの活躍を期待したいと思います。

>その他、今週の出資馬あらすじ
・ロングランメーカーが骨折(6ヶ月)で放牧。夏競馬での復帰を目指す。
・インペリオアスールは園田で能力検査合格。
・クライムメジャーは放牧予定を変更、石清水Sへ。
・ブロードアリュールの次走は28日の東京予定。

 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土曜日)

もう一花を目指して

 土曜にレーヌドブリエが出走。平成30年はこれがうちの走り初めとなります。今年をいい一年とするためにも、好走を期待したいところです。

>今週の出走馬[H30-1]

■土曜京都10R 新春S(T1600) レーヌドブリエ号出走 15:10

 レーヌドブリエが復帰戦を迎えます。本馬は年齢面から今春限りでの引退が予定されており、ここから数戦が最後のレースとなります。現在準OPですが、更に勝ち星を重ねる事ができるのか、そしてもう一度重賞に出走する事はできるのか、最後にもう一花を目指してのシーズンが始まります。

 今回、重賞愛知杯にも登録しており、出走できる可能性もあった様ですが、自己条件に回って来ました。少頭数で各馬の成績にも大きな差はありませんし、京都なので遠征での消耗も無い筈なので期待したいところです。

 今回については相手関係は勿論ですが、「どの程度実力を出せるか」が最大の鍵となります。昨秋一連の出走では5回出走し、3走目でついに1000下を突破。前々走となる4戦目では2着と準OPでも通用する力を見せてくれましたが、東京に遠征した前走では12着と大きく崩れて放牧に出されました。
 この敗退が使いすぎによるものなのか、遠征競馬が合わなかったのか。そして前走が11月18日だったのですが、1月余の休養からの復帰である今回、どの程度実力が出せる状態なのかが鍵になると思います。

 臨戦過程はやや不安な面もありますが、少頭数で対戦相手も不安定な成績の馬が多いので、2走前の力が出せれば同コースのここでも十分に勝ち負けができると考えられます。
 ここまで長い間頑張ってくれた本馬ですし、できれば最後にもう一つ勝つか、牝馬重賞に出走して貰いたいところです。そのためにも今回は良いレースを期待したいですね。

 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火曜日)

平成30年の一口馬主目標

■平成29年の目標と結果
 目標:50戦 6勝、重賞馬券
 結果:60戦 8勝、重賞8着(クライムメジャー号 :NZトロフィー8着)


 いろいろあった昨年ですが、総合的には出走数、勝ち星ともに目標を上回りました。
 OP、重賞クラスでの活躍については残念な結果となりましたが、新しい年に希望が繋がる内容ではあったと思います。

 新しい年については、オブセッションが少なくともトライアル戦には出走しそうですし、クライムメジャーももう一つ勝てばOP~重賞に再び出走するところまで来ています。
 この両馬を中心として、新4~3歳馬がどこまで勝ち上がって活躍してくれるかになると思います。
 ブロードアリュールは順調に使ってくれれば更に上を目指せそうです(ただ、数を使えないので今年中にOP以上まで届くかは未知数)。また、3歳馬の残り3頭も勝ち上がれる可能性はかなり高いと思いますし、時期的に3歳重賞に出走してくれる馬もいるかもしれません。


 これらを加味して、今年の目標は「45戦 6勝、重賞馬券圏内」とします。
 「重賞馬券圏内」については、まずはオブセッションの初戦(弥生賞)次第でしょうか。期待通りの力を見せてくれればいきなり達成してくれる筈ではありますが……。

 あと、目標を下方修正しているのは、新2歳馬に今のところ出資していないため、その分減少する分が入っています。
 早期リタイアを視野に入れて、一旦の区切りとするためではありますが……もし出資馬が重賞を勝った場合は、一年間延長するつもりです(重賞で1年、GIの場合は+3年)。
 そんなわけで、新3歳馬が最後の世代…と言いつつ、オブセッションやクライムメジャーたちの活躍次第では、今年の年末には10年位伸びているかもしれません(笑)


 何はともあれ、今年は全馬無事で、そして活躍してくれる一年になって貰いたいと思います。


 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »