2009年9月27日 (日曜日)

お茶を飲んで幻想郷に行こう!他2題

■古茶「生と死の境界」(ちょっと大袈裟)

 部屋を整理していたのですが、こんなものが出てきました(写真1)
Photo

 「博麗神社謹製 霊夢之御茶」

 これは、「東方儚月抄」(コミック版)の上巻が出た時のメロンブックスの特典で付いてきた物です。
 http://www.melonbooks.co.jp/contents/comic/toho_b1/

 いつ飲んだものか…と悩みつつ、いつの間にか存在を忘れてしまったのですが、偶然出てきたわけです。
 とはいえ、偶然と言いつつも、実に微妙なタイミングで出てきてくれたものです。
 缶の下側にある賞味期限を見ると……(写真1の右側)。

 「09年09月28日」

 ……明日じゃないですか!!!

 ううむ、この賞味期限切れ寸前のお茶、果たしてどうしたものでしょうか。
 今すぐ開けて飲むか、それとも、折角だから?開けずに取っておくか……。

 ひょっとしたら、数年後に「博麗神社謹製 飲めば幻想郷に逝けるお茶」としてオークション辺りに出せば、高い値段で売れるかも知れません(笑)

■ミラクルフルーツの実がなりました

 去年から栽培中のミラクルフルーツですが、ようやく本年度初の実がなりました。
 今年春に植え替えて根を整理した事もあり、今年は無理かな…と思っていたのですが、ほっとしました(写真2)。
H210927
 後は何とかここから植生を目指したり、苗木を増やしたりしたいところですが……。

■「悠史録」その後の進捗等

 こつこつ作っている自作ゲーム「長月悠史録」ですが、新たに三国志マップを作り始めました。
 過去の市販されている各種三国志系のゲームや文献諸々を参考にしつつ、各種の拠点データを作成中です。座標からデータの数値まで全て手打ちという熟練の?伝統芸です(笑)
 ……それにしても、絵心無さ過ぎというか、地図を描くのは本当に面倒臭いです。
(写真3)
Photo_3

 そして、三国志のマップ……と言う事で、戦国時代マップと違って、もう一つ面倒な事があります。
 使われるのが中国大陸の漢字ということで、日本のパソコンでは表示できない漢字が多々ある…ということです。
 どうでもいいマニアックな地名人名ならいいのですが、結構有名所も多いのです。
 地名では、魏の重要拠点にして銅雀台で有名な「ギョウ」(業に「おおざと」)、徐州時代の劉備と呂布の争いで有名な「下ヒ」(カヒ)がそれらの漢字になります。
 ちなみに人名になると更に深刻で、例えば「ホウ」(龍の上に「まだれ」)の字が出ないために、鳳雛として知られる軍師の(ホウ)統や、樊城での関羽との死闘で知られる(ホウ)徳の名前も正常に表示できない事になります。今回のソフトでは人名はあまり使わないので比較的影響が少ないですが、市販している三国志のゲームではきっとそのあたりの処理は大変なのだろうなぁと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日曜日)

「長月悠史録」ver0.4を公開

 コツコツ自作中の戦国シミュレーション「長月悠史録」を三ヶ月振りにバージョンアップ更新しました。

 http://www.geocities.jp/kikyoya_ryokan/game.htm

 今回はフルスクリーンへの対応とシナリオの追加です。
 とりあえずこれでシナリオも3本となりました。
 説明書からのコピペですが、各シナリオはこんな感じになっています(添付写真参照)。

◆シナリオ1 戦国の群雄(1555年)
Photo
 新旧の有力大名が出そろいつつある1555年のシナリオです。基本的には全ての大名に天下統一のチャンスがあります。弱小大名も周囲の状況や当主交代で有能な当主を引けばチャンスはあるかと思います。

◆シナリオ2 信長包囲網(1570年)
Photo_2
 有力大名が絞られてきた1570年のシナリオです。タイトル通り、信長包囲網がどの程度有効に機能するか、そして信長が突破出来るのかが鍵となります。
 このゲームのシステム上、外交(同盟)が無いので、「包囲網」の大名同士も殴り合う為、史実よりは包囲網の突破は楽だと思いますが、手間取っている間に他の地方勢力が力を付けているケースが多いです。
 有力大名が力をつけているために弱小大名は厳しいですが、状況によってはチャンスもあるかと思います。

◆シナリオ3 天下布武(1580年)
Photo_3
 ほぼ織田信長の天下統一が時間の問題となった状態でのシナリオです。
 正直、織田家以外にはほぼ勝ち目がありません。織田家は伊賀、摂津あたりを制した後は圧倒的な国力で各方面を各個撃破に入りますので、僅かな猶予期間で兵力を集中して突破すればあるいは可能性があるかもしれませんが、相当キツいです。
 本能寺の変……は起きませんが、代替わりで織田家の当主がバカ殿に変わることに一縷の望みを託す程度でしょうか。


 とりあえず作成上、一番難儀しているのが、「各大名の勢力マーク」です。
 10ドット四方しか無いシンボルで、いかに「その大名だ」と判別できる様にするのか。そして、隣接した場合に他の大名と混同されない様に違いを出せるか(似た色だと隣接すると区別がつかなくなる)が想像以上に大変です。
 後はシナリオのバランス調整も結構時間を食いますね。実際にプレイしはじめると30分程度は食われてしまいますし……。

 とりあえず今後は、もう少しシステム面を洗練させつつ、シナリオをあと2つ程度追加予定です。「本能寺の変」ともうひとつ位?
 後はシステムを使い回せば地図は変わってもそのまま使えるので、三国志マップでも作っていこうかと思っています。


 ここ最近頑張っている自作ゲーム作りですが、とりあえずの最終目標がかつてBASICで作っていた、この「悠史録」の発展版で、歴史そのものを観戦するソフトの再制作です。
 乱世→有力大名が統一して幕府を作る→子孫の代で幕府が衰退→再び乱世に……という流れをひたすら眺め続けるソフトになる予定です。
 現在「悠史録」で蓄積中のノウハウが次回作の作成に役立つ(というより、システム面の多くは使い回せる)筈なので、頑張って進めていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日曜日)

「長月悠史録」体験版公開しました

 そんなわけで、自作戦国シミュレーションゲーム「長月悠史録」の体験版(ver0.3)を公開しました。
 http://www.geocities.jp/kikyoya_ryokan/game.htm

 前回公開版から一応進化して、プレイヤー操作ができるようになっています。
 お気が向きましたら、DLしてお試しいただければ嬉しいです。

H2103081

H2103082

H2103083


 ……今日は例大祭ですね。参加された方が羨ましいです。星蓮船はどんな感じなんだろう。ぱるぱるぱる…
 いいもん。こっちは対抗して脳内「守矢神社例大祭」だもん! 自作の箱庭世界を八坂様に奉納するんだ!!
(ソフトそのものは、現時点では東方とほぼ無関係です。…私の好みで所々に「早苗さんの服の柄」を使ってはいますが…)
 ……とは言っても、星蓮船で早苗さんが自機出陣、二柱は心配で/もしくは実は黒幕なので(笑)影から見守りに行っているという事で、守矢神社には誰もいない様な気がします。

 誰もいない境内で、記帳所の前で一人でゴザを敷いて出品しているこのソフトと、そしてうちのHPに未来はあるのでしょうか(笑)
 とりあえずは、更に各方面に精進したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日曜日)

「悠史録」作成中+イベントとか

 昨年の秋以来ですが、実はコツコツと作り続けていました。
 プレイヤー周りの操作もほぼ作り終わって(まだ操作性の向上とかは残っていますが)ほぼ完成かな?
 それにしても、改めて画面を見ると、良くも悪くも「手作り感」が出ていますね。やはりもっとセンスが無いと垢抜けて来ないものでしょうか。
 後は公開用に説明書を作っているのですが、手間が思ったより遙かに掛かって難航しています。こんなに面倒くさいとは思わなかったよ……。
H2102221

H2102222

H2102223


 今のところ、来月の8日に例大祭に行けない悔しさをバネに、同日に一人で脳内開催される「守矢神社例大祭」にて公開予定です。

 そんなわけで、例大祭はいろいろあって不参加です。皆さんご武運を!

 後は、紅楼夢の時期開催もいつの間にか発表されていますね。去年よりも一月早くなっています。
 今年は紅楼夢に合わせてサークルデビュー!と思っていたのですが、この一月差がどう出るやら……。一からいろいろ覚えるつもりだったので、この差が結構響きそうな気がします。どうか、来年度(4月~)は変な部署に異動になりませんように…(祈)
 インテックス大阪になったのも個人的には家から近くなって嬉しいのですが、紅楼夢にかこつけて行っていた京都観光も面白かったので微妙に残念です。

 余談ですが、「香霖堂長月市」というイベントがあったので、名前的にこれはサークル参加するしか!と思ったのですが、よく見たらグッズオンリーイベントでした…。

 http://korindoh.web.fc2.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日曜日)

今日は冬至(いろいろ雑記)

 引き続き早苗さんの絵を作成中ですが、スペルカード(笑)の方に力が入りすぎて段々方向性が違ってきました…。

H20112472

※描きかけの絵の一部です。手がひぐらし風なのは仕様です。というか多分修正します…。

 それにしても、いつになったら完成するのかわからなくなってきました。年明けあたりに完成させて、年賀CG/桔梗屋本館の扉絵/人気投票の支援画に使い回すのを目標に、コツコツと頑張りたいと思います。

■祝!メビウス優勝

 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200809050601

 日曜阪神1Rにて、シルクメビウス号が初勝利を挙げました!
 断然の人気馬を直線、一騎打ちで競り落として、3着馬には大差。見ていて胸のすく思いのするいいレースでした。

 今年はこれで9勝目。8勝してからなかなか勝てず、このまま8勝止まりかと思っていたので、嬉しい勝利です。
 残り1週。出来れば10勝目を狙いたい所ですね。
 まだ今の時点では判りませんが、予定ではギャロップとアルボーレが出走予定です。特にアルボーレのサンタクロースSは楽しみです。確保しておいた岩田騎手が騎乗停止になった影響が少し心配ですが…。

■自作ソフトも一応作ってます…
H201221
 (画像参照)
 夏以降音沙汰が無いですが、こちらも再開しています。後はプレイヤー操作周りを微調整すればほぼ完成なのですが、細部調整に手を取られている状態です。
 年末の休み期間中に何とか完成まで持っていきたいなぁ…。

■「Airpen Mini」が届きました&「Pomera」マダー!?

 http://www.airpen.jp/products/tokuchou-airpenmini.html

 微妙に想定(期待)していたのとは違う部分もありますが、結構面白いです。また改めてレビュー記事を書きたいと思います。


 http://www.kingjim.co.jp/news/0812/p-pomera.html

 その一方で、「Pomera」の方は申し込んだ某量販店から「納期未定です」と連絡が。人気すぎて全国的に品薄らしく、オークションとかでは定価+1万円とかになっています。いろいろ情勢調査をした感じでは、入手できるのは運が良くて年末、順当に行けば1月上旬という感じですね。
 現在、外出(主に通勤)時の文章閲覧&作成用として、未だに「sigmarion2」を使っているのですが、さすがに古くなってガタが来始めています。
(「電源を入れれば即使える」事が非常に大事なので、PDAが退嬰した今、なかなか代わりになるものが見つからない…)

 「Pomera」は主に文章作成用の後継機として、ものすごく期待しています。これさえ来れば、私のSSや文章の作成も格段にはかどる筈……!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水曜日)

諸々近況日記

 前回日記のオンバシラフェスティバルですが、登場する人たちを全て腋巫女と腋神官に脳内変換すれば個人的に更に盛り上がる事に気が付きました。
 改めて見ると、やっぱり10年早かった事が悔やまれます。これが風神録以降の、例えば今年とか(冬の五輪なので)2年後とかにやっていれば、いろんな盛り上がりもものすごく違っていたと思うのですが……。


■引き続き「悠史録」開発中…
 徐々にプレイヤー操作周りを作成中です。自分で作っているのだから当たり前の事ではありますが、「実現させたい機能」が(自分の技術的に可能なら)簡単に搭載できる所がいいですね。
H2008271
(写真は開発中の画面)

 それにしても、昔BASICで作った頃といろいろ勝手が違いますね。昔のN88BASICで言うところの「INPUT文」が無いので、プレイヤーに数値を入力させる操作がいろいろと面倒です…。
 9月に入ると別方面に力を取られそうなので、今の内に出来るだけ作っておきたいところです。


■秋ですよ……
 先週12着だったシルキーリリーですが、近走の成績から、未勝利戦終了を待たずして引退が決定しました。残念です…。

 http://db.netkeiba.com/horse/ped/2005105777/

 今後はまだ未定ですが、何とか繁殖入りして貰いたい所です。血統的にはオークス馬の姪に当たるのでそこそこ良血ですし、何とかならないかなぁ…

 先日のアンタイドに続き、比較的勝ち上がるチャンスの高かったリリーまでが引退してしまい、毎年の目標である「出資世代の半数が勝ち上がり」が微妙に厳しくなってきました。8頭出資中、現時点で3頭勝ち上がっているので後1頭勝てばいいわけですが、現在生き残っているのがメルヴェイユ、スイーティー、ライヴリーデイズの3頭です。メルヴェイユは何とかいけるかも知れませんが、残り2頭は2桁着順ばかりですし、微妙な所です。この秋を越して、引き続き現役を続けられる馬が1頭でも多いことを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金曜日)

りぐるんパス

 仕事で時々JRを利用するのですが、ふと、駅広告を見ると「りぐるんパス」という企画チケットが売っているではないですか。

「りぐるんパス」
 http://www.jr-odekake.net/navi/gururin/

 ゆっくりやくもといい、最近は東方っぽいのが増えてきたなぁ…(笑)

 りぐるんパスという名前もそうなのですが、駅広告では旅行の行き先の写真が大きく紹介されていました。ゆっくりやくもでお馴染みの出雲や、うちの一族の出身地である岩国などです。出雲大社もいいですし、やはり一度は岩国も見ておきたいところです。岩国の白蛇関係+その他諸々あって、うちの家は現在でも祠を建てて白蛇を祀っています。何が言いたいかと言うと、蛇が結ぶ縁で早苗さんは俺の嫁。

 ……何はともあれ、こうした写真を見ていると、行ってみたいなぁという気分が高まってきました。夏コミに行けなかった分、自分的にはどこかで埋め合わせたいものです。出雲やら岩国やらその他周辺ひっくるめて、数日かけて回りたいなぁ……。
 まあ、どちらにしても、地霊殿の情報が手には入ってからになりそうです。


■悠史録、引き続き開発中…
 プレイヤー操作機能の実装に向けて動き出しました。

H2008221

 コマンド入力や、この手のゲームでは必ずある(攻撃兵力とかの)「数値を入力する」機能が、実際作ってみるとなかなか面倒です。とはいえ、出来次第では一番プレイしてストレスが掛かる部分なので、しっかりと作り込みたいです。
 この「数値入力部」、市販品でも最近のゲームではストレスが掛かる部分ですが、正直、マウスを使う限りはどうしようもないと思うのですよ。この部分はどうやっても、キーボードで直接打った方が楽ですし…。


>今週の桔梗屋出走馬[H20:70-71]
 今週は土日に一鞍ずつです。客観的にて、どちらも今回での勝ち負けは厳しそうですが、共に復調途上?なので、次走へのきっかけを掴んで貰いたいですね。

■土曜小倉7R 3歳未勝利(D1700牝) シルキーリリー号出走 13:50
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200810030307

 リリーが土曜の未勝利戦に出走します。
 牝馬限定戦ながら非常にレベルの高かった前走は復調途上だった事もあり、大敗してしまいました。前走の内容から今回もいきなりはどうかというところですが、厩舎コメントによると、良かった頃の出来に戻ってきているとの事。従来の実力が戻れば、上位進出も期待できると思います。そろそろ未勝利戦も後が無くなって来ましたし、頑張って貰いたいです。

■日曜小倉8R 500万下(D1000) シルキーイリス号出走 14:25
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200810030408

 イリスが日曜小倉に出走します。
 前走は故障馬のアオリを受けて大敗してしまいましたが、その前は6着と、もう少しで掲示板…というところまで来ています。今回は比較的相手関係も楽ですし、調子さえ戻っていれば上位進出の期待もできそうです。今回は前々の競馬を試してみるとの事。いい結果を期待したいです。


>今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・ドラグーンが放牧。
・ライヴリーデイズが転厩。美浦の別厩舎への移動は珍しいですね。
・2歳馬ナトゥールが近日入厩へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土曜日)

戦国シミュ「長月悠史録」体験版を公開しました

「もう、今日は夜勤明けで眠くてへろへろっす」
「頑張るウサ、予定通り今日中にうぷしたら、きっといい事あるウサ」
「地霊殿で早苗さんが出てきたりしますかね?」
「出番があるに決まってるウサ。一度クリアしたら自機で追加されるウサ」
「緋想天のスルー具合もあるし、そこまで贅沢は言わないですが、せめてエンディングに顔を出すとか、EXのバックストーリーに出てくるとか、せめてどこかの中ボスで止めに出てくるとか…」(弱気ながらも微妙に願望が贅沢な内容に)
「御託はいいから、早く最終チェックをするウサ」

 ……という感じで、今日中に作品をうぷしたら、きっと八坂様がその神徳で地霊殿に早苗さんを出してくれるって、てゐが言ってた。

 ほ、ほら、何故か地霊殿でもクレジット時音楽が風神録と同じ八坂様の旋律を元にした「プレイヤーズスコア」じゃないですか!あれは伏線なんですよ! 可能性は有るはずです!
(冷静に考えて、単に使い回しの可能性が高いですが)


 ……と、いうわけで、世間は地霊殿の公開日(非遠征組の私が入手できるのは店売りが始まってからですが)ですが、うちも対抗して、夏コミ合わせで(嘘)、初の本格的?に作ってみた自作ソフト「長月悠史録」をUPしてみます。


■長月悠史録 体験版(桔梗屋本館内、長月史料館のページ)
 http://www.geocities.jp/kikyoya_ryokan/game.htm

 まだプレイヤーとしての操作はできませんが、お手軽系戦国シミュレーションゲームです。現時点でも、箱庭の戦国時代見物ソフトとして機能します。小一時間潰したいときに、まったりと眺めて頂ければと思います。

 今後はバランス調整をしながらプレイヤー操作を実装、各種シナリオ(三国志とか諸々)を追加して、冬頃に完成を目指したいと思います。

 また、このゲームはシナリオ追加により、将来的に東方Projectの二次創作になる予定です。
 現時点で、戦国時代マップの背景が袴の模様になってたり、ソフトのアイコンがほわ~っと出ているアレになったりしていますが、早苗さんはまだ出てきていません。タイトルが諏訪大社ですが、それっぽいから使っているだけで、今のところ全然関係ないです(笑)
 俺、この戦いが終わったら、東方戦国シナリオで、作者特権で守矢一家をものすごく強く設定してやるんだ…。

 そんなわけで、幻想郷統一を目指すバージョンも作りたいところですが、幻想郷の地図を作るのが(面白そうだけど)大変そうなので、二の足を踏んでいます。いずれにしても、地霊殿でまだ見ぬ勢力が増えると思われますし、こちらはもう暫く先の事になりそうです。

 以下、スクリーンショット
H2008161
H2008162

H2008163


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日曜日)

八坂様と史料館と割り切れない思い

■八坂様を描いてみました

 引き続き絵の練習中です……ということで、今週のお題?である八坂様を描いてみました。

H200719

 思った以上にパーツが多くて手間が掛かりました。最後疲れてきたせいか、御柱や注連縄がやっつけ風味に(笑) あとは八坂様の来ている赤い服の質感が難しいですね。最初、今回うぷした物に加えて白いハイライトを描いていたのですが、素材がビニールっぽくなったので消したりといろいろ悪戦苦闘しました。
 今回も正面画だったわけですが、デッサン力…というか立体を捉える力を養うためには、本来なら斜め視点に挑戦すべきですね。次回は諏訪子様の予定なので、今度は全身画+斜め視点に挑戦してみようと思います。

 今後のお題:諏訪子様→阿求さん→ルナサ姉→にとり→椛
(キャラソートの上位順=好きなキャラ順)

 ……とはいえ、絵を描いている内に最近SSの方が疎かになってきたので、しばらくはSSの方に力を入れたいと思います。

■長月史料館オープン

 そんなわけで、予定より遅れましたが、桔梗屋本館にソフトウェア展示スペース「長月史料館」をオープンさせました。

 http://www.geocities.jp/kikyoya_ryokan/game.htm

 とりあえずは記念すべき第一段ソフト?として「長月数連割」をうぷしています。ソフト……といっても、C言語再学習+DXライブラリの勉強も兼ねてさらっと作った習作的なソフトですが、お時間がありましたら是非ともお試し下さい。
 いろいろと、割り切れないソフトとなっております。
(※東方の二次創作じゃないです。全く関係無いソフトです)

 このソフト、元々は学生時代に私がやっていた時間つぶしが元ネタなのですが、ええと……こんなのを時間つぶしにやっているなんて、お前は変わった奴だなとか、そもそもまともに勉強していたのか、とかいろいろツッコミはあるかと思いますが、そのあたりは余り気にせずにスルーしていただけると助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日曜日)

絵と地雷原とつばくらめとあっぷりけ(徒然日記)

 折角の週末だったわけですが、夜勤で体調が狂ったのか夏風邪気味で、いつの間にかこの時間になってしまいました。そんなわけで、各種諸々が一週間ずつ後ろにずれ込みます…。

 今週はセレクトセールもありますし、何より、月曜日頃にはシルクの年度募集のパンフレットが届くので、検討用ページを作成して出資馬を検討……という一口馬主的な最重要イベントもあります。これらの影響も受けるので、更にいろいろとずれ込むかもしれません。


>絵の練習進捗
 そんなヘロヘロな状態の中でも、少しでも上達しようと今週の週末も練習…

 丁度私の一年前に絵を始め、現在ではイラストをHPの柱の一つとしており、ついには紅楼夢でサークル参加…と、確固たる地位を固めている方がおられるので、同じように上達していけば自分も一年後には立派なCG描きに! と甘い予測を立てていたのですが、同じ構図(さしみさんが去年の7月3日に描かれた妖夢)で絵を描いてみると、やっぱりいろいろな問題点が…。

H2007131

 問題点はまあ一言でまとめると「根本的にデッサン力が無い」事です。
 ソフト上でいろいろとチェック、修正したり、人形にポーズを取らせた写真を取り込んで構図をトレス…等、文明の利器がいろいろあるので、ある程度のフォローはきくかと思っていたのですが、やっぱりどうにもならない面が大きい事が判りました(笑)
 残念ながら現時点では「絵の題材を立体的に捉える」能力がほぼゼロです。元ネタにしている、さしみさんの妖夢は絵を初めてから3日目なのにきちんと立体になっている事を考えれば、歴然とした差があります。
 これは自分自身で感覚を身につける以外にどうしようも無いと思いますので、これからも修行を重ねたい所です。

>東風地雷原、制作好調!…か?
 そんな裏で、こんな事もやってました(写真参照)。

H2007131_2

 来たる日(来るのかは不明)に備えて、地雷原のタイトルロゴをでっち上げ…。
 フォントを割り出してそれを使えば一発なのですが、フォントは高い(1万円くらいする)ですし、本家からパクるわけにもいかないので、「東」と「地」は懸命に似せて描き、「風」「雷」「原」は自体の特徴を見ながらそれっぽく描いてみました。
 う~ん、要手直しですね。満足行くのは「雷」くらいでしょうか…。というか、SAIには直線を描く機能はないのでしょうか。せめて物差しを使って描かせて…(笑)

 もう一方、音楽の方ですが、久しぶりにMIDIシーケンサーをいんすこして耳コピしてみたのですが、テーマ音楽「だけ」については案外音が拾いやすいですね。
(この後調子に乗って「信仰は儚き~」に挑戦して玉砕…)
 とりあえずこちらは比較的ハードルが低そうです。

 ……これって、後は早苗さんの全身絵さえ描ければ、「東風地雷原」のタイトル画面がでっち上げられるんじゃね!?


>「つばくらめの雨」(創想話作品集56:あまぎさん作)がお薦めな件

 私が前回のSSこんぺで一番好きな作品「妖精と、やさしいきかい。」の作者で、その後も良作を次々と投稿されているあまぎさんの作品です。
 感想込みで紹介文を書こうとモタモタしているうちに、創想話の作品集が進んでしまいまして、このままだと機会を逸してしまいそうなので、今回の日記で取り上げる事にしました。

 何と言っても、雰囲気、表現力、そして余韻がすばらしいです。話の展開や諏訪子様の性格等に少し(個人的には)ツッコミ所はありますが、それを埋めて余りあります。
 私辺りがこの手の評価をするのは烏滸がましいのですが、これまで目にした、あるいは文章を書く際に思い浮かべた情景を、そのまま(に限りなく近い)美しさや色彩で描く事が出来る力を。言い換えると、文章を鮮やかな色で「描く」事の出来る色鉛筆や絵筆を。そして、私がいつか持ちたいと願っている、作品に直接温もりを乗せる事ができる暖かい手を持っている方だと思います。すばらしい希有な力だと思います。


 何か抽象的な例えばかりで何なのですが、とにかく、私の感想を見るよりも実際の作品を見た方が早いです。是非とも一度読んでみて下さい。


>自分もSSを書かないと…

 SS書きとしては、人様の作品に感動しているだけでなく、やはり自分でもそんな作品を書こうと努力せねばなりません。

 ……自分もSSこんぺ以来、完成した作品としては、SSは「おそなえ」しか書いていないわけですが、夏コミあたりまではもう1作(増殖したので前後編になりますが)上げたいと思っています。例によって守矢一家のSSで、3/4ほど書けています。タイトルは…ネタバレっぽくなるので公開まで内緒で…。内容的には「おそなえ」と同系統です(笑)
 早苗さん好きとして本当に書きたいのが、自分の一連のSS的の「本編」と位置づけているシリアスSS「東風谷早苗、最後の一日」で、こちらも半分程書けているのですが、書いているうちにどんどん膨らんでいって、更にそのサイドストーリーというか、外伝的な物が増殖していくのですよ。次回作もそれで出来たものですし、「おそなえ」も、元は「東風谷早苗、最後の一日」の一場面で、本来は冒頭の会話から感動の?エンディングに行く筈だったのですが、気が付けば諏訪子様が(以下略)
 そんなわけで、いつになるか判りませんが、頑張って完成させたいと思います。


>「あっぷりけ」さんの新作「コンチェルトノート」のCMムービーが公開
 (↓のダウンロードのところから)
 http://www.applique-soft.com/concerto/index.html


 (ネタバレのため名前を伏せる)、可愛いよ! 走る姿が何て愛らしいんだ。

 ……………。
 桐月さん…まさか、わざわざ、このCM撮影のために福岡に……!?(笑)

(冷静に分析すると、実際には公式HPの2月の日記がそれに当たるっぽいですね)

 両者を見比べるに、新作の舞台(のモデル)が福岡で、今回は取材旅行というところでしょうか。
 今回のCMを見て、完成が益々楽しみになって来ました。もう一頑張りですね!
 …さあ、早くお皿にドッグフードを注ぐ仕事に戻るんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)