2012年12月 5日 (水曜日)

阿知賀編4巻が届いた

 先日注文していた阿知賀編(咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A)のコミック4巻が届きました。
 この巻からアニメの続きの部分に入り、話の続きが読めるという事で、届くのを楽しみにしていました。

 この作品、個人的に注目しているのが、うちの地元(千里山女子)が活躍している事です。アニメでも事実上主役の様な扱いでしたし、この巻からは次鋒以降の戦いとなり、どんな展開となるのか楽しみにしていました。
 まだ準決勝の途中ではありますが、各メンバーの持ち味が出ていて楽しめましたし、できればこの後の展開で何とか決勝に勝ち上がって貰って、より長く活躍を見せて貰いたいと思います。
(メタ的な話で言えば、「主役」と「ラスボス」で2枠埋まっていますし、その他もいろいろとフラグが立っていそうな感じなので、勝ち上がるのは厳しそうではありますが……)
 勝ち上がれるかも心配ですが、巻末の時点で、親が千里山(セーラ)っぽいので、このまま行ってしまうとダメージが二倍になると思われます。まずは何とか頑張って貰いたいところです。

 そして、もう一つ楽しみにしていたのが、今回、阿知賀編4巻の表紙&裏表紙が千里山女子である事でした。
 ネット購入前に表紙画像は見ていたのですが、画面の半分を怜が占めている後ろにどこかで見た事がある様なマンションが映っている……くらいしかわからなかったので、うちの近所が映っていたりしないか、楽しみにしていました。

 で、実際に手に取ってみると……これは、千里山というよりも南千里(桃山台)ですね。

■表紙の場所
 http://maps.google.co.jp/maps/place?ftid=0x6000e4cbfa7e5543:0x438103e808b93529&q=34.787104,+135.501643

■裏表紙の場所
 http://maps.google.co.jp/maps/place?ftid=0x6000e4ca1765bfb5:0xda10aa08b35b66ca&q=34.789012,+135.505563

(それぞれ、リンク先からストリートビューを辿ると、ほぼそのままの場所が見られます)

 アニメで映っていた通学路?も緑地公園~江坂の間ですし、結構千里山から離れていますね。それぞれの自宅(または寮)が桃山台~緑地公園~江坂のあたりにあるという設定なのでしょうか。
 土地勘のある方ならご存じだと思いますが、千里山や関大のある阪急千里線のラインと、そこから西にある桃山台~緑地公園~江坂(北大阪急行~御堂筋線)の間は山になっている…というか高くなっているため、千里山から西に進む場合は山を越える(結構急で長い坂道を上がって下りる)必要があります。
 これが結構(特に徒歩だと)大変で、私も昔、「山を越えて通うのが面倒くさい」という理由で桃山台~緑地公園に通っていた習い事を辞めた記憶があるので(笑)、この山道を通学路にしている千里山女子の生徒たちは大変だな…と思いました。
 この山道を通学できるのだったら、怜の健康面はたぶん大丈夫だと思います(笑)


 もう一つ、私がこの千里山女子を応援している理由が、自分でも思い入れのある建物が校舎(部室ではなく、木造校舎の方)として登場している事です。
 今は図書館になっていますが、図書館が建つ前、この場所には小学校の木造校舎が建っていました。昭和初期頃に建てられたもので、私も小学生の頃はこの木造校舎に通っていたので、この場所には多くの思い出が詰まっています。
 この木造校舎は残念ながら10年ほど前に老朽化で取り壊されてしまったのですが、その後、ほぼ同じデザインを踏襲して現在の図書館が建てられました。家の近くに新しく図書館ができて便利になり、更に当時の校舎の面影が色濃く残っているという事で、今ではこの図書館は私のお気に入りの、そして行きつけの場所になっています。
 そんなわけで、思い出の詰まった、そしてお気に入りの場所から全国に挑む千里山女子の面々を応援しています。何とかフラグをへし折って、決勝に進出して貰いたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火曜日)

ジョジョアニメを視聴中

 隙間時間を見つけて、撮り溜めていたジョジョのアニメを徐々に消化(洒落ではない)しはじめました。まだ2話までしか見ていませんが、なかなか良さげですね。


 ……幼き日々、儂はこの連載(コミックだったかも)をリアルタイムで見ていたのじゃが、スピードワゴンさんの刃物入りブーメラン帽子(正式名称は忘れた)が格好良くてのう、この後の展開で、この帽子で吸血鬼軍団相手に活躍してくれるものと楽しみにしておったのじゃ。まさかその後、一切出てこないとはのう……。
 あれから時が経ち、いろいろあったが、まさか、アニメで動くダイアーさんをこの目で見られる日が来るとはのぅ……。長生きはするものじゃわい(噛ませなので、出番がカットされているかもしれませんが(笑))

 それはそれとして、「アニメで書き文字(擬音)を出す」演出ですが、結構いい感じですね。勿論、この作品だからこその演出ではあるのですが、こうした表現方法は、他のアニメやゲームなどでも、演出手法としてアリかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日曜日)

書棚は今、大探偵時代

 最近すっかり、二週間毎の日課となっている、図書館通い。
 数年前に家の近くにできた事もあって、図書館で各種雑誌の最新号を一通り流し読み、興味のあるバックナンバーを(貸出期間である)二週間借りて自宅でじっくり読む……というのが、すっかり最近の生活リズムとして根付いています。

 そんなわけで、今日も図書館に行ってきたわけですが、雑誌コーナーで文学雑誌が置かれている本棚を見ると、予想外の場所に何だか見覚えのある絵柄が……。

■「ハヤカワミステリマガジン」2012年4月号
 特集:探偵オペラミルキィホームズの系譜
 http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/711204.html

 ……という感じで、ミステリー小説の月刊誌の表紙がいきなり「ミルキィホームズ」のアニメ絵だったので吹いてしまいました。
 ちなみに、2号前の表紙はこんな↓感じです。毎回、この手の落ち着いた表紙が並んでいる本棚で、いきなりこの4人だったので吹いてしまいました。

 http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/711202.html

(なぜ「前号」ではなくて「2号前」の表紙を使うのかは最後に触れます)


 私もこのアニメは2期から見ているのですが、(少なくとも2期については)どう見ても探偵や推理など全くしていません(笑) こんな状況で、どんな感じの特集になっているのでしょうか。
 早速、手に取って読んでみましたが、なかなか読み応えがあって面白い特集でした。


 制作スタッフの方々へのインタビューも面白かったですが、なんと言っても、作品内に出てくる名作ミステリのオマージュ要素について個別に触れているのが、「ミステリマガジン」らしいといったところでしょうか。
 このアニメの主人公たちが有名な探偵たちの子孫という設定になっている事もあって、各話のタイトルや各場面の節々に、ミステリ小説好きの琴線に触れる様なオマージュ要素が数多く散りばめられています。特集を読みつつ、改めて思い返してみると本当にいろいろなものが隠されていて、奥深さを感じさせられます。

 「ミルキィホームズ」のアニメをニコ動等で見ていると、こうした場面のところで元ネタのミステリが「わかっている人」のコメントが書き込みまれていて、それを見て更に楽しめるのがいいところです。
 こうしたオマージュ要素の詰め込みが過ぎると「わかっている人」以外は着いて来られない状態になるわけですが、「ミルキィホームズ」については、ミステリ要素以外にも他のアニメ作品などからものすごく多くのネタを引っ張ってきて詰め込んでいるので、誰が見ても思わずクスリと来る要素が幾つもあって楽しめる作品になっていると思います。
 そのためか、毎回非常に内容が濃くなっていて、30分アニメなのに、いつも一時間以上見たような気分になります。

 ……と言いつつも、自分のこのアニメに対する評価は「(良い意味での)マジキチアニメ」ですが(笑)
 毎週月曜日の夜に、ニコ動で毎週更新される「ミルキィホームズ」と「黄金バット(60年代のアニメ)」を見るのが、すっかり、週初めに仕事から疲れて帰ってきた後の憩いの時間となっています。


 「ミステリマガジン」の特集の方ですが、アニメについての話だけでなく、主人公4人の元ネタの中で(日本では)一番陰が薄いと思われるネロ・ウルフの原作小説(レックス・スタウトの「独立記念日の殺人」)も掲載されていたりと、ミステリ雑誌らしい良い特集だったのでは、と思います。
(元ネタの中では、個人的には「コーデリア・グレイ」シリーズが好きなので、もっと日本でも人気が出てくれればいいのですが……)
 興味のある方は、是非手に取ってみて下さい。


 この「ミステリマガジン」ですが、実は前の号では「逆転裁判」を特集しています。
 http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/711203.html

 こうした特集などをきっかけに、今後、アニメやゲーム作品から元ネタに興味を持って貰って、ミステリ小説等に「逆輸入」される流れができれば、面白いのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日曜日)

「長月さんって言うんですね」「イカちゃんの事が大好きなんですね」

■早苗、入魂プロジェクト! イカ娘生写真直売所
 http://shop.picturei.jp/ika/

 先日までアニメが放映されていた「侵略!イカ娘」のコラボレーション企画で、主人公のイカ娘の事が大好きな少女「早苗」が撮影した(という設定の)写真を公式販売しているサイトです。
 「クリスタルプリント」というかなり高品質の写真が1枚300円(4枚1000円)というかなり安い値段設定になっている事もあり、元の作品の日記も相まってかなり売上げが上がっている様です。

 http://journal.mycom.co.jp/news/2011/01/03/012/index.html

 各所で実際に注文された方の感想等が上がっていますが、かなり画質も良く、評判も上々の様ですね。
 こうした企画は面白いですね。今後、他の作品でもこうした流れが出てくるのではないかと思います。


 さて、この「侵略!イカ娘」なのですが、私はアニメ開始当時はまだコミックスは未読だった事もあり、アニメを見たのがこの作品の初見でした。

 ……で、上記の記事に出てくる「早苗」というのが主人公のイカ娘を追い回す変態でして、しかも話数が進む毎に酷くなっていくので(特に4話と10話は酷かった(笑))、「こいつ、変態だ(笑)」……とニヤニヤしながら見ていたのですが、ふと、「そう言えばこの子のフルネーム(苗字)は何なんだろう」と思って調べて見ると、「長月早苗」でした……。
 何で、よりによって自分と同じ「長月」……。

 ショックを受けつつも、その後改めてアニメや原作やその他絵や動画を見直しているうちに、いつの間にか感情移入したのか、何だか妙な親近感というか、他人とは思えない様な気持ちになって来ました(笑)
 そんなわけで、彼女の活躍を今後も影ながら応援したいと思います。

 この人気ならアニメも多分2期をやりそうな気がしますし、新たな活躍?が見られる事を楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火曜日)

さなえちゃん可愛いよさなえちゃん

 茨城県農業応援アニメが面白かったので、うちでも紹介を。

「あぐかる」 第一話公開中
 http://puyukai.com/agukaru/


 さなえちゃん(必殺技名:ライスシャワー)可愛いよさなえちゃん。
 第二話はまだかなぁ……。

 公式サイトで販売している茨城県産コシヒカリを購入しようかと現在検討中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金曜日)

東方優駿

 今週はいよいよ競馬の祭典、東京優駿(日本ダービー)ですね。

「べっ……別にあんたなんかにダービーを勝って貰いたいなんて思ってないんだからね! 私が応援しているのは先生の方! あんたじゃないんだから!」
(ふふっ、八坂様ったら、本当に素直じゃないんだから…)

 …というわけで、桔梗屋では、皐月賞に引き続き、タケミカヅチ号を応援しています。

 ……ところで、

・宴会で早苗さんから「勝利することは一国の宰相になる以上の栄誉」「外の世界ではスカーレット一族が大活躍」という外の世界の情報を聞き、「これはカリスマ回復の大チャンス!」と勘違いしたお嬢様の我儘で「東方優駿」開催決定。オールキャラ参加。
・人馬一体の2名チームで参加、特殊すぎる能力は使用禁止。
・ペアを組む段階でいろいろと揉める。アリスは上海人形とペア。喘鳴症を抱えながら、小悪魔と共に参加するパチュリー。そして、魔理沙は思わぬ相手と組む事に。
・霊夢は馬券を売る側に回り、売り上げで食糧事情の改善を図る。馬券販売はてゐがサポート。的中馬券が出ないことに期待して三連単のみを発売。
・会場は白玉楼の庭に「東方競馬場」を造成。大欅に相当する部分に西行妖が。妖夢が一晩でやってくれました。
・お嬢様を始め、主人達の殆どは「馬」側で、「勝つために必要」と説得されて従者たちに「調教」されまくる。
・抽選の際に「橙色の帽子じゃないとやだー!」と駄々をこねた結果、7枠になる橙&藍様ペア。
・司会進行は射命丸。入場時の音楽は最近幻想入りした「炎のウイナー」。ファンファーレは虹川三姉妹が演奏する。
・小町はサボって三途の川でヒラマサ釣りをするつもりだったが、映姫様に無理矢理参加させられる。
・みすちーリグルコンビは「この条件なら勝てる!」とゆゆ様を挑発するが、妖夢に正座させられ説教された挙げ句、木刀でしばかれる。
・小柄な事に加え、天狗仲間から「あんた、馬じゃなくて犬じゃない」と言われて誰からも相手にされなかった椛。彼女に手をさしのべたのは… ※彼女たちが主役
・東方競馬場に、風が……吹く。

 ……という感じで、ダービー合わせのSS「東方優駿」を考えたのですが、ダービーまでに書き上がりそうにないので断念しました。そもそも「馬」の数が足りないという事情もあるのですが…。気が向いたらまた来年にでも書きたいと思います。
 新作の発表もあって来年なら「馬」もフルゲート用意できそうですが、問題は来年の今頃にはもう「外」の世界のスカーレット一族のカリスマは残っていない(現時点でも既に怪しい)と思われる事です……。


 ちなみに、今回のダービー、うちの出資馬も補助参戦?しております。
 シルクアルボーレがサクセスブロッケンと、シルクウィザードがレインボーペガサスと調教で併せ馬をしているのです。共に、穴人気にはなりそうな感じですね。
 うちの馬のサポートを受けた(笑)この両馬がダービーでどれだけ活躍するのかも楽しみの一つとして、ダービーを予想したいと思います。

>今週の桔梗屋出走馬[H20:43-45]
 今週は3鞍出走。何と言っても楽しみなウィザードの名古屋城S。マタドールの中央復帰初戦、そしてゾディアックの連闘での出走と楽しみなものばかりです。

■土曜東京7R 4上500万下(D1300) シルクマタドール号出走 13:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200805030307

 再ファンド馬のマタドールが中央復帰初戦を迎えます。
 3歳未勝利で勝ち上がれずに一度引退になったわけですが、最後の方では未勝利馬ながら500万下に格上挑戦で出走し、掲示板にも載っていました。その後福山に移籍してレコード勝ちを含む2戦2勝。あっさりと中央復帰を決めて今回に至ります。
 前回の中央時代でもこの東京ダート1300が得意コースでしたし、500万で既に掲示板に載ったこともあるので多分通用すると思われます。後は地方経験を経てパワーアップしているのかどうかですね。
 この世代、唯一勝ち上がったヘラクレスに脚元の不安が出てしまいましたし、イグニションも引退してしまいました。その意味でもマタドールにはこの世代を代表する様な活躍を期待しています。まずは今回の復帰戦、いいレースをしてもらいたいと思います。

■土曜中京12R 1000万下(S1200) シルクゾディアック号出走 16:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200807020312

 先週復帰したゾディアックが連闘で出走して来ました。
 前走ではスタート直後からスピードのあるところを見せてくれましたが、直線では早々に失速…というより、無理して追わなかった感じでの惨敗に終わりました。
 馬体も増えていましたし、どうも前走は「叩き」で次走の交流戦が目標だったようなのですが、交流戦は補欠になってしまい、今回の連闘に至ったようです。

 今回の対戦相手ですが、1000万下としては結構(少なくとも前走よりは)軽めです。前走の結果からそれほど強気にはなれませんが、一叩きした効果が出れば、今回は結構粘れるのではないでしょうか。期待したいです。

■日曜中京10R 名古屋城S(D1700) シルクウィザード号出走 15:15
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200807020410

 ウィザードが名古屋城Sに出走します。
 一年ぶり+大幅馬体増で迎えた前走でしたが、終わってみれば最後は流す余裕すらある楽勝。能力の違いを見せつけ、あっさりと1000万下を再卒業しました。今回準OPへの昇級初戦となりますが、復帰前にはアロンダイトと半馬身差の2着等の実績を残しており、十分通用すると思います。
 今回、準OPとしては比較的相手関係も楽ですし(主要なライバルは同厩のアグネスネクタルあたり?)ここでも十分勝ち負けが期待できそうです。
 現在準OPでは除外ラッシュが続き、出走するのも難しい状況が続いています。今回はハンデ戦で、ハンデ頭としての優先権で出走できましたが、この後のレースでは除外との戦いが予想されます。できればここで決めて貰いたい所ですね。


>その他の競馬の話題

■フラムドパシオンが日曜東京11R「富嶽賞」に2年振りに出走
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200805030411

 ダービーの日は最終に目黒記念があったりと特殊開催なのですが、ダービーと目黒記念の間にあるのがこのレースです。
 「あのドバイ」以来、2年ぶりとなる出走となります。まだ現役だったのかー。
 休養期間が長すぎるだけに何とも言えませんが、どんな走りを見せてくれるのでしょうか。楽しみなレースですね。


>その他の話題

■もう、小学館(少年サンデー)で漫画を描くことはありません
 http://88552772.at.webry.info/200805/article_8.html

 元々日記に掲載された時に見ていたのですが、ニュースサイトで取り上げられたりと結構話が大きくなって来ましたね。
 確かに連載の最後の方はややあっさり風味な終わり方(とはいえ、決して手は抜いていない)だったので「何かあったのかな…」とは思っていたのですが……。

 現在残っているサンデーの連載陣とか、遠からず終わりそうな連載等を考えれば、個人的には小学館は「揉めている相手」(具体的に誰なのかは知りませんが)を切った上で土下座して戻って貰うように懇願するのが賢明だと思うのですが、やっぱりいろいろ事情があるのでしょうか……。

 私もガッシュが終わった時点でサンデーの購読を「切ろう」と思っていたのですが、とりあえず金剛番長が終わるまでは読み続ける事にしました。まず間違いなくアニメ化されるでしょうし、多分全国版~世界編までやってくれると見ています。今後の展開が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)