2016年7月 3日 (日曜日)

万博公園の「早朝観蓮会」に行ってきました

■万博記念公園 早朝観蓮会 http://www.expo70-park.jp/event/11458/

 土曜に「早朝観蓮会」に行ったのですが、早朝でも既に暑くて、おかげで帰ってから半日程寝込んでしまいました。
 この流れは毎年のパターンとなっていて、いつも暑さ対策自体はしているので、熱中症そのものは回避するのですが、それでも早朝から暑い中を長時間過ごすので、体力をごっそり持っていかれてしまうのです。

 ただ、これを機に「身体が夏モードに変わる」のも毎年の通過儀礼になっています。
 不思議なもので、ちょうどこのイベント付近で身体が汗をかくようになる(代わりに熱中症にはならない)感じですし、お風呂も(それまでの暑いものから)冷たい方が「ご馳走だと感じる様になる」のもパターンと化しています。そのかわり、夜中に汗をかいてしまい、朝風呂で流す&シャツを交換しないと辛くなりますが…・

 何はともあれ、今年も無事に?経験しましたし、いよいよ本格的に夏到来でしょうか。そろそろセミも鳴き出すと思いますし、梅雨明けも間近です。今年も夏バテせずにこの季節を楽しんで乗り越えたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月30日 (日曜日)

麻生副総理から感謝状をいただきました!

 麻生副総理から感謝状をいただきました!
(正確には、「副総理」ではなく「財務大臣」としての立場からいただいた形になります)


■個人向け復興国債の紹介ページ(H25.5募集で終了)
 http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/fukkou/

 ……というわけで、以前もご紹介した「個人向け復興国債」のネタ、再びです。

 要するに「普通の国債」なのですが、平成23年12月~平成25年5月までは「個人向け復興国債」として募集されており、震災からの復興財源として活用される……という事になっているようです。
 ほぼ同時期に「個人向け復興『応援』国債」という10年もの国債も募集されており、こちらは当初3年間は最低金利という縛りがあった(本来の金利との差額が「復興のための寄付」という位置づけで、その代わりに記念硬貨が貰えた)のですが、「個人向け復興国債」の方は金利の縛りもありませんでした。

 唯一の?「普通の国債」との違いが、一応復興に協力したということで、「財務大臣からの感謝状」がいただける事です。
 去年も日記ネタになるという事で応募して、安住財務大臣(当時)から感謝状をいただいていました。

 最近になって、ふと国債の募集ページを見ていると、今回(H25.5月募集)が「個人向け復興国債」としての最後の募集というのを目にしまして、財務大臣を麻生副総理が兼任しているという事もあり、「麻生副総理から感謝状を貰える最後のチャンスだ!」という事で、突発で応募してみました。
 その応募時の感謝状がついにこの週末に届いた形になります。

>Photo
 (写真:「個人向け復興国債」の感謝状 上:今回 下:前回のもの)


 写真で、今回の麻生副総理からの感謝状と、前回の安住財務大臣からの感謝状を眺めてみました。
 ともに感謝状本文は印刷文で、内容も一言一句同じですが、何と言っても財務大臣の直筆が光っていますね。
 達筆で知られる麻生副総理の署名はやはり格好いいです。
 そして、比較する予定だった安住財務大臣ですが、改めて見ると思った以上に達筆でしたね。「みずぽ系」(笑)だと思っていたのですが。
 あずにゃん、今頃何してるのかなぁ……
(意外にも?この前の衆院選では生き残っていたようです)


 何はともあれ、今回の国債購入が少しでも復興に役立ってくれればと思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土曜日)

万博公園の梅まつりに行ってきました

 今日(2月16日)は、隣接する国立民族学博物館の「みんぱくゼミナール」(月に一度の文化人類学や民族学の公開講座)に参加したついでに、万博公園に寄ってきました。
 丁度今日から「万博梅まつり」が開催されていました。

■万博梅まつり
 http://park.expo70.or.jp/event/umematuri2013.html

 万博公園内の丘まるまる一つ分くらいが梅林になっており(5500㎡に約600本らしい)、そろそろ見頃を迎える時期が近くなっているのです。


 ……が、今年は例年より寒い事もあって、梅の開花は遅れている感じでした。現地の梅は、ほんの僅か、早咲きの品種でちらほらと咲いているものが見られますが、大半はまだ蕾ばかり…といった状態でした。
 見頃になるまではもう暫く掛かりそうな感じです。まだ寒くて当日は雪も舞っていましたし、この分だと3月に入るまで待った方が良さそうですね。


Photo
2
 それにしても、梅の花はいいですね。
 私もどちらかと言えば「桜派」だったのですが、最近は梅の花の方がより自分の感性に近く、美しいと感じる様になりました。年を取った影響なのかもしれませんが(笑)

 今日はまだ蕾の枝の中に一輪だけ咲いているような感じでしたが、これはこれで趣があっていい感じですね。
 見頃になればまた違った美しさが見られると思いますし、また3月に入ったら行ってみたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水曜日)

「ふるさと納税」をやってみた

 去年末の事になりますが、「ふるさと納税」に挑戦していました。

■「ふるさと納税」とは

 「ふるさと納税」は、名前からは「現在、出生地とは違うところに住んでいる人が、自分のふるさとに税金を納める」様なイメージがあります。しかし実際には「ふるさと=自分の出身地」ではなく、「第二のふるさと」や「心のふるさと」も有りということで、日本全国どの市町村にも納税(というより寄付)ができます。また、複数の自治体を選ぶことも可能です。

 そして、最大の特徴となるのが、
・寄付した額のほぼ全額が、確定申告を行えば戻ってくる
(自己負担額は基本的には2000円。正確には、住民税が控除される)
・一定額以上を寄付すると、様々な記念品が貰える自治体がある

 という2点で、記念品の贈呈を行っている自治体を上手く組み合わせて寄付をすることで、(確定申告をしなければならない面倒さはあるものの)実質かなり安価(自己負担額は2000円)で記念品(各地の名産品が多い)をいただける特典があります。

 そんなわけで、早速私も何か所かの自治体に「ふるさと納税」を申し込んでみました。

■今回「ふるさと納税」を申し込んだ自治体

 今回(といっても去年:平成24年)に申し込んだのは、以下の自治体です。

・米子市(3000円/10000円以上の寄付で記念品)
 http://www.yonago-furusato.jp/

・鳥取県(10000円以上の寄付で記念品)
 http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=96444

・今治市(5000円以上の寄付で記念品)
 http://www.city.imabari.ehime.jp/siminzei/furusato-nouzei/005.html

・松山市(5000円以上の寄付で記念品)
 http://www.furusato-matsuyama.jp/okuri/

・久留米市(10000円以上の寄付で記念品)
 http://www.city.kurume.fukuoka.jp/1080shisei/2040keikaku/3110furusatokurume/2008-0526-2005-433.html

・熊本県(10000円以上の寄付で記念品)
 http://www.pref.kumamoto.jp/site/furusatonouzei/kansya.html

 今回は初めてだった事もあり、上記の自治体は、記念品があり、なおかつ「基本的にネット上だけで申し込み手続きができるところ」を選びました。
 「ふるさと納税」で記念品をいただける自治体はかなり増えているのですが、現時点では、申し込み時には直接電話しなければいけなかったり、申し込み書を作成、郵送したりと、申し込みに手間が掛かる自治体が多いです。
 こうした手間を惜しまないのであれば、欲しい記念品を見比べながらよりどりみどりで選ぶ事ができる状況なのですが、今回は初めてだった事と、思い立ったのが結構遅い時期だった(もたもたしていたら年をまたぐ可能性があった)事から、今回選んだ自治体となりました。

 ちなみに面倒なのは申し込みだけで、お金の振り込み自体はかなりオンライン化されています。yahooに「公金支払い」サービスがあり、その中に「ふるさと納税」コーナーが設けられています。ここで支払いができる自治体が多いですね。
 http://koukin.yahoo.co.jp/furusato-nouzei/index.html


 申し込み以降、季節の特産品が続々と届いて嬉しい限りです。また、「ふるさと納税」という事もあって、産業や観光案内などを送ってくれる所も多く、それぞれの自治体に興味が深まりました。今後旅行や買い物をする機会があれば、今回の町や村を優先して選びたいなと思いました。

 あと、確定申告(還付申告)を行うのは面倒ですが、私の場合は(一口馬主関係等で)どちらにしても申請しないといけなかったので、手間としてはあまり変わらない事も、今回申し込みを行う動機となりました。


■「ふるさと納税」制度の更なる拡充希望

 今回、「ふるさと納税」を試した主な理由なのですが、勿論、私が所謂(株の)「優待厨」だから(笑)というのと、折角だから優待品も貰いたかった(笑)いうこともありますが、優待品目当てというより、どちらかといえば、ちょうどこの時期に私が住んでいる吹田市で問題が発生した↓のが気に入らなかったので、市に支払う住民税を少し減らしてやろうというのが主な動機でした。

 http://www.city.suita.osaka.jp/home/_57122.html

 今回の「ふるさと納税」を行うと、(市だけでなく府にも支払われてはいますが)住民税のうち数万円分が、今回寄付を行った自治体にスライドできるので、市に支払われる税金を減らすことができるのです。
 ただし、残念ながら、住民税を全額スライドできるのかと言えばそうではありません。
 「ふるさと納税」の還付金制度の匙加減が上手いこと設定されており、持ち出しがほぼゼロ(2000円)で「ふるさと納税」ができるのは住民税所得割額の1割が限度で、それ以上の額を寄付した場合は還付金の割合が大幅に下がっていく様になっています。
 つまり実質、住民税の1割しかスライドさせる事ができない仕組みになっています。

 http://www.f-tax.jp/site/how_tax#howmuch

 まあ、いきなり住民税を全て他に持って行かれたら自治体が困るので当然のルールなのかもしれませんが、もう少し(2~5割くらいまで)制度を拡張してもいいのではないかと思います。

 (本当の話なのかは怪しい都市伝説ですが)「鳥山道路」のエピソードがある様に、高額納税者など一定以上の影響力がある人が。もしくは、多くの人々が揃って納税先を変えられる様になれば、自分たちが住む自治体への意思表示として大きな力を持つことが期待できます。そして自治体も、納税先に選んで貰えるように努力する事で、よりよい施策を行ってくれる事が期待できるのではないでしょうか。
 そうした意味で、この「ふるさと納税」制度が、今後更に便利に拡充される事に期待したいと思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日曜日)

恒例の年始金平糖購入&今年の予定など

■「緑寿庵清水」で十二支ボンボニエールを購入

 ねんがんの(というか恒例の)えとボンボニエールをてにいれたぞ!
Photo

 ……というわけで、5日の土曜日は毎年恒例ですが京都の出町柳(京阪の終点:京都大学の近く)にある「緑寿庵清水」まで金平糖を買いに行ってきました。
 毎年金杯の時期(5日頃)が初売りになっており、この時期にだけお正月限定品の「十二支ボンボニエール」が販売されるのです。店売りのみでの販売(通販の対象外)なので、直接お店に行かなければ購入できないだけでなく、「干支」ということで、十二年に一度しか手に入らないという超レアアイテム?だったりします。
 午前中の結構早い時間に行った事もあり、何とか今年も無事購入できました(どの時点まで売れずに残っているのかは不明ですが…)。これで干支ボンボニエールは4年目となります。何とかあと8年頑張って、12年分揃えたいと思います。2021年(平成33年)の日記を楽しみにお待ち下さい(笑)

 もう一つの目的が、今回のレアアイテムだけでなく、普通の金平糖がそろそろ切れてきたので補充する事でした。いろいろと買い込んで結構散在してしまいましたが、これで数ヶ月は持ちそうです。次回は春~夏の暖かくなった頃にでも、京都散歩も絡めてまた来たいと思います。
 それにしても、私が一番好物の「天然水サイダー金平糖」は一番人気らしく、いつ行っても(単品では)売り切れていますね(セットものを購入して何とか確保しました)。


■今年の目標(ゲーム編)
 去年に3DSやWiiUを購入したおかげで、未クリアゲームがかなり溜まってきました。少しずつクリアして、新たなゲームへと進んで行きたいと思います。

(当面のクリア目標 たぶん発売順)
・カルチョビット(ワールドカルチョクラシックの優勝)
・紅蓮華(全クリア)
・Newスーパーマリオブラザーズ2(コイン100万枚集める)
・ゼルダの伝説 時のオカリナ3D
・とびだせ どうぶつの森(全拡張)
・黄昏の先にのぼる明日(あっぷりけFD)(達成率100%)
・Nintendo Land(全アトラクションで☆を取る)

(備忘録 今後の購入予定)当面はWiiの名作を押さえていく方針で…
・ゼルダの伝説 スカイウォードソード
・Xenoblade
・斬撃のレギンレイヴ
・零~月蝕の仮面~


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日曜日)

来年の種まきに向けて

■ミラクルフルーツを屋内に移動

 冬が迫って寒くなってきたので、屋外に出していたミラクルフルーツを屋内に移しました。
 地霊殿の年(平成20/2008年)からなので、早いものでもう5年目になります。
 元々は西アフリカ原産という事で寒さには弱く、7~10度あたりが枯れる限界値の様です。屋外では冬越しできない(と思われる)ので、最低気温が一桁になる頃から春までは屋内に移しています。
Img_7514_r

 もう冬だというのに、赤い実がなっています。……というより、うちのミラクルフルーツは実ができるのは、なぜかいつも秋口以降になっています。
 この種を蒔けば次の世代を育てる事ができる筈なのですが、なかなか難しくてこれまで成功していません。
 日記タイトルを「来年の種まき」にしておいて何なのですが、ミラクルフルーツの種は乾燥を嫌うらしく、長期保存に向きません。そのため、できている実を取って直ちに蒔かないといけないのですが、うちの場合は暖かい時期に実ができず冬場の種蒔きとなってしまうので、格段に難易度が上がってしまうのです。
 ともあれ、今年もとりあえず種を蒔いてみたいと思います。ミラクルフルーツの寿命が何年あるかはわかりませんが、早いうちになんとか次の世代に繋ぎたいものです。


■万博公園の「蓮の種」を購入

 あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ! 『おれは今日、太陽の塔を見物して帰って来たら、いつのまにか太陽の党が消えていた』 な…何を言っているのかわからねーと思うが(以下略
(きっとこの話題もあっという間に風化して、半年後にこの日記を見ても、何の事なのかわからないんだろうなぁ……)


 というわけで、土曜日に万博公園まで行ってきました。
 開催日が固定されている「みんぱくゼミナール」参加のためだったので、雨の中の外出となってしまいましたが、「関西文化の日」のおかげで各施設が全て無料になっており、いろいろ入って楽しめました。
 目当ての「EXPO'70パビリオン」の見学もできて、なかなか楽しかったです。


 そして、万博の売店で「蓮の果托」を買ってきました。
 販売開始が10月末で、一ヶ月弱経っていたので売り切れが心配でしたが、無事に入手できて良かったです。
 http://park.expo70.or.jp/news_detail.html?id=253


 「果托」はあまり聞き覚えのない言葉ですが、蓮の花が枯れた後の「めしべ」が変化したもので、この中に実が入っています。
 ネットでいろいろと画像を見られている方には、「蓮のグロ画像のアレ」と言った方が判りやすいでしょうか(笑)(どんな説明だよ……)
Img_7516_r

 この「蓮の果托」、インテリアやリースに使うためのものなのですが、私が購入したのは「蓮の種」の入手が目的でした。
 毎年夏に万博まで蓮の花を見に行っているわけですが、これでうまくいけば、自宅であの美しい蓮が見られる様になります。
 種を蒔いた年には開花までは行かない様なので、来年に種蒔き→再来年に開花と気の長い話にはなりますが、自宅で美しい蓮の花を見られる日を楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金曜日)

感謝状が届きました

 先日購入した「個人向け復興国債」ですが、一応復興国債に協力したという事で、財務大臣からの感謝状が届きました。

■復興国債紹介ページ
 http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/outline/

 ただの印刷した紙で、一見ショボイ様に見えますが、実は透かし入りだったりと案外凝っていたりします。

Goodbye_azumi

 この感謝状を見てみたくて国債に応募したわけですが、こうして日記のネタとして消化できましたし、一応は震災復興の役に立つ(らしい)という事で、それなりに応募した甲斐があったというものです。

 そして、この感謝状……応募した時は内閣改造直前だった事もあり「感謝状が届く頃には、財務大臣は誰がなっているかな…」と思っていたのですが、正解は「安住財務大臣」からの感謝状でした。
 まあ、大臣と言っても、この日記を書いているまさに当日、衆議院が解散されているわけですが……。


 あずにゃん(安住財務大臣)。感謝状をくれて、ありがとう。
 そして……さようなら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月曜日)

国立民族学博物館の特別展「世界の織機と織物」を見てきました

 この連休の入場無料イベントに合わせて、大阪の万博公園に行ってきました。
 これは、かつて開催された「大阪万博」の閉幕日に因んだイベントで、万博の自然文化園や日本庭園だけでなく、併設されている文化施設である「国立民族学博物館」や「大阪日本民芸館」も入場無料になるというものです。
(正確には、各施設毎に土曜日だけ無料だったり、土+月曜が無料だったりと異なっていますが、15日の土曜日は揃って無料でした)

 折角の無料イベントという事で、「国立民族学博物館」に。
 常設展示(大人420円)に加えて、特別展(大人830円)までが無料になるという大変財布に優しい企画です。
 ちょうどこの時期は「世界の織機と織物」という企画展を行っており、個人的に興味を持ったので足を伸ばしてきました。

■特別展「世界の織機と織物─織って!みて!織りのカラクリ大発見」
 http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20120913loom/index

 世界各地の様々な織物や織機が展示されており、非常に興味深かったです。
 「織物」は、
・一本ずつ互い違いに分けた縦糸(経糸)の間に横糸(緯糸)を通す
・縦糸の分け方を上下(または左右)反対にして、交差させる
・前回と反対の交差になった縦糸の間に横糸を通す
 ……というプロセスを繰り返す、仕組みだけなら本当に簡単なものです。しかし、実際に行うには高い技術が必要で、織物の技術は世界各地で様々な形で発達して来ました。
 今回の展示では、世界各地の織物や織機が展示されており、実際に体験できるコーナーもあって、とても興味深く展示を見てきました。

 また、本館の展示スペースには「無停止杼換式豊田自動織機(G型自動織機)」や「ジャカード織機」を初めとする世界の織機が展示されており、機械好きにはたまらない内容になっています。

・無停止杼換式豊田自動織機(G型自動織機)
 http://www.jsme.or.jp/kikaiisan/data/no_016.html

 「トヨタ」の創業者、豊田佐吉が開発した自動織機で、織機の生産性を飛躍的に向上させるとともに、グループ発展の基となった名機。

・ジャカード織機
 19世紀初めに発明された、織り方のパターン制御に「パンチカード」を用いた機械で、コンピュータ技術の発展の歴史上、重要な発明品でもある。


 私個人は「民族学」というよりも「技術史」的な方向で興味を持ちましたが、かなり面白い展示でした。
 正直、今回行ったのは「無料だったから」なのですが(笑)、実際に見に行ってみると、お金を払うだけの価値のある内容の濃い展示内容でした。皆さんも機会がありましたら、是非一度行ってみて下さい。

 また、この日はたまたま月に一度の「みんぱくゼミナール」という公開講座の開催日で、ちょうど今回の展示に関係した講座だったので参加して来ました。こちらも興味深い内容で、とても有意義な一日を過ごす事ができました。
 この公開講座は無料で受講できますし、今後のテーマも面白そうなものが多いので、また行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火曜日)

震災復興国債

 今日は誕生日という事で、たまには良い事でもしてみようと、「震災復興国債」を購入してみました。

(震災復興国債)
 http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/fukkou/

 http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/issue/hendou10/No_40.html

 ……まあ、実際のところは、利率に目が眩んだ事が理由であって、震災復興のために力を貸そう!という清い心(笑)が動機ではないのですが。
 今回の「変動10年」の場合、銀行に預けてもほぼ金利ゼロのこのご時世に、利率が0.5%(税引前)もありますし、今後万が一インフレ化した場合でも連動して利率が上がる仕組みになっているので、(リスクを取らない安全資産の運用先としては)銀行に寝かせておくよりはいいのではないでしょうか。

 一応「震災復興」国債に応募したという事で、財務大臣から感謝状がいただける様です。
 大臣と言えば、応募した早々にあんな事になって……と思っていたのですが、あちらは「金融担当大臣」で、財務大臣とは別ポストの様です。

 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/590342/

 まあ、いずれにしてもこの政治情勢では感謝状を誰(どの財務大臣)からいただける事になるか判らないのは同じ事ですが、どなたから感謝状が届くのか楽しみに待ちたいと思います。

 ちなみに、この「震災復興国債」とは別に「復興応援国債」というのがあり、こちらは最初の三年間の利子が低くなっていて、その分が震災復興に使われる形になっており、文字通りの「復興応援」商品となっています。
 一定額(100万円/1000万円)応募すると記念硬貨が貰える事になっているので、復興応援に合わせて記念硬貨を貰うべく応募しようかと検討したのですが、記念硬貨の図柄が何だか奇抜すぎるので様子を見る事にしました。

(記念硬貨の図柄)「第三次発行分」の千円銀貨を参照……
 http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/earthquake_reconstruction/20120828.html

 「子供の絵」というのもそうですが、「硬貨にカラーで絵が描かれている」事がすごいです。こうした事が技術的に可能な事なのですね。この調子でいけば、いずれは「萌え硬貨」を見る事ができるかもしれません(笑)

 これはこれで復興を応援している感が出ていて味のある図柄の様な気もしますし、貰ったときに日記ネタになる様な気もしますが、さすがにこのためだけに資産を100万円も動員するのには勇気が必要です(勿論金貨が貰える1000万円などは用意できる筈がない)。
 金貨の方は、現在の地金価格が7万円する事を考えれば、これだけでも(1000万円分購入したとすれば)0.7%の利子に相当するので、なかなか割の良い投資であるような気がします。資金に余裕のある方は一考の余地があるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月曜日)

連休の出来事など

 連休最終日は梅雨はどこに行ったのかと思わせるいい天気でしたね。ある程度風があったので良かったですが、そろそろ真昼に外出するのが辛い季節になってきました。
 それにしても、まだ梅雨は明けていない様ですね。微妙に雨が降るために蒸し暑くて困ります。もっとも、完全に梅雨が明けてしまうと本格的な暑さ対策が必要になるわけですが……。
 梅雨明けは去年はかなり早かった(7月8~9日頃)のですが、平年では20日前後なので、例年通りならこの週末ごろが梅雨明けでしょうか。

■暑さ対策アイテム ハッカ油&蚊帳を投入
 毎年この季節おなじみの避暑アイテムをついに投入しました。
 ハッカ油は本当に即効性があっていいですね。匂いさえなければ通勤時にも使えるのですが……。
 蚊帳はそろそろ本格的に蚊が飛び出したので、安眠のためには必須アイテムです。

 もう少し暑くなったら、最終一歩手前アイテムの「サーキュレーター」を投入したいと思います。
(それでも我慢できなくなったら、仕方がないのでクーラーを使います)

■ゴキブリキャップを投入
 今年はじめじめした期間が長いせいか、自宅でも良く見かける様になりました。
 個人的に、お風呂に入るときに(脱衣所で無防備状態で)見かけるのが特に苦手でして、先日大きなのを同時に二匹も見てしまった事もあって、本格的に対応する事に。

 ネットでいろいろ見かけた結果、一番効果がありそうな「ゴキブリキャップ」を通販で購入、家の各所に配置しました。効いてくれればいいなぁ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧